広陵高校卒のプロ野球選手といえばカープの野村!高校時代の挫折とは?

baseball-field-1563858_640 (1).jpg
広陵高校卒のプロ野球選手といえばカープの野村!高校時代の挫折とは?

2017年の夏の甲子園でベスト4入りした

広島の強豪、広陵高校。

攻守にバランスがよく、また小技も絡めてと

高校のレベルではトップクラスであろう野球をするのが

広陵高校です。

3番で捕手の中村くんは

これまでに4本の本塁打を放ち一躍

有名になりました。

1大会最多の5本を超える可能性もあるだけに

試合時はかなり注目されています。


優勝候補に挙げられる広陵高校卒のプロ野球選手といえば

現広島カープの野村でしょう。

高校時代は現巨人の小林とバッテリーを組んでいたことは有名な話ですね。

そんな野村ですが、甲子園の決勝戦での挫折が

今の野村を作っているのかもしれません。


Sponsored Link


広陵高校卒のプロ野球選手!カープの野村はどんな選手?



広陵高校卒のプロ野球選手はたくさんいますが、

その中でもカープの野村は

甲子園でも活躍していたので贔屓のファンだけでなくとも

好きという人も少なくはないでしょう。


野村は、

2011年にドラフト1位で広島カープに入団

晴れてプロ野球選手となりました。

広陵高校卒業後は東京六大学の明治大学で活躍していました。

野村の特徴と言えば

140キロ台中盤のストレートと縦に落ちるスライダーが持ち味です。

そして、なんといっても制球力が非常にいいです。

プロには速い球を投げる選手はたくさんいますが、

制球力がなくてプロの世界を去っていった選手は数知れず。

プロで活躍できる投手は野村のような

絶対的な決め球を持っている選手であることと

制球力がある選手であるということがいえます。


制球力のある投手は選手としての寿命も長い印象がありますし、

何といっても安心感があります。

プロ野球選手とはこういうものだ!と

背中で教えてくれるような存在が野村でしょう。

カープの選手は伝統的にいい投手が多いです。

プロ野球を代表するような投手ばかり。

昔でいうと、精密機械とも称された北別府学など

野球ファンからするとたまらない投手ばかりです。

地元の広陵高校卒で広島カープに入団するという流れは

理想的な流れかもしれませんね。

野村は200勝投手になる可能性も秘めていますが、

高校時代は悔しい思いもしました。


ある意味その経験が今を作っているともいえます。

Sponsored Link


野村の広陵高校時代の甲子園での挫折とは?



2007年の甲子園の決勝での敗戦が

今日の野村を作っているといっても過言ではありません。

2007年は特待生問題で揺れていた中で

公立の佐賀北高校と私立で実績もある

広陵高校の試合は試合が始まる前から、

広陵高校の勝利を誰もが予想していました。

この試合は終始広陵高校のペース

佐賀北高校は野村の投球に手も足も出ないという感じでした。

しかし8回になると野村が疲れをみせ連打を浴び、

さらにストライクと思われた投球もボールと判定され

押し出しで1点を失いました。

テレビでこの試合を見ていましたが、おそらくストライクでした。

しかし、球場全体が佐賀北を応援していた雰囲気もあり

そういう流れも影響したのかもしれません。

この時の佐賀北の打者は一瞬背伸びをしたという説もあります。(笑)

そういった判定もあり佐賀北の流れのまま

3番打者が満塁ホームランを放つという劇的な幕切れ。

これは鳥肌がたちましたし、こんな奇跡のようなことがあるのかと

目を疑いました。

広陵は準優勝という形になりましたが、

野村の野球人生においては教訓のような試合になったのではと思います。

野村の無念を晴らすためにも広陵高校には

優勝してほしいですね!

関連記事
広陵高校の中村奨成がホームランを打てる4つの理由。
広陵高校の中村奨成は母子家庭?プロで活躍できる要素しかないと思う理由。
広陵高校の中村奨成が巨人に入団してはいけない理由。
広陵高校の中村奨成がピッチャーをやらない驚きの理由とは?
甲子園はホームランが出やすい?出にくい?2017夏の甲子園のホームラン数が異常と話題!
秀岳館はなぜ強い?obにはあの名選手も!
秀岳館はなぜ嫌われるのか?2017年の甲子園優勝候補
大阪桐蔭の野球部のobがプロで活躍出来る理由。
球数制限はなぜ採用されない?甲子園での投手酷使は避けられないのか。
Sponsored Link