須磨海水浴場の海開き!2017年はいつ?穴場の駐車場など役立ち情報を一緒にお届け!

umibiraki.png
須磨海水浴場の海開き!2017年はいつ?穴場の駐車場など役立ち情報を一緒にお届け!

須磨海水浴場といえば、

兵庫県を代表する海水浴場です。

大阪から多く訪れる人もいる有名なところですね。

梅雨明けももう少しというところで、

2017年の海開きはいつなのか?というのは

気になるところです。

海開きの日にちはもちろんのこと、

その他で知っておきたい

穴場の駐車場など、役立ち情報をまとめました!

Sponsored Link


須磨海水浴場の海開き!2017年はいつ?イルカとタッチ?!



suma02.jpg
出典:http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/suma_beach/


須磨海水浴場の2017年の海開きは、

2017年7月13日(木)です。

2017年8月31日(木)までの50日間の間

泳ぐことが可能です。

遊泳時間は

平日は9時30分から17時までで、

土曜、日曜、祝日については

9時から17時30分までとなっています。

友達と来るも良し、恋人と来るも良し、家族で来るも良しなので、

夏の思い出
を須磨海水浴場で作ることをオススメします。

また、須磨海水浴場は

JR須磨駅の方のエリアではありますが

2017年の5月に

遠浅化と言われる工事が行われており、

砂浜が従来より50m程度増えています。

ですので、昨年よりも広々とした印象があるのではと思います。

また、道も舗装され今までの須磨海水浴場とは違った雰囲気です。

綺麗なトイレもできているので大事に使いましょう。(笑)

海開きの日が待ち遠しくてたまりませんね。

須磨海浜水族園の方の海辺ではイルカと触れ合えるところもあります。

こちらもおすすめです。

小さいお子さんなんかは嬉しいかもしれませんね。

駐車場については次の通りになります。

穴場の駐車場は必見です。^^

Sponsored Link


須磨海水浴場の穴場の駐車場はここ!


car_parking.png
海水浴にはなにかと持ち物も多いですから、

車で来たいところです

でも駐車場が沢山あってよくわからない!という方は多いでしょう。

そんな人たちの役に立ちたいと思い、

おすすめの駐車場を紹介します。

第1駐車場(須磨海浜水族園の東側)
駐車台数 1253台
駐車料金 最初の1時間400円、以降1時間ごと200円加算

第2駐車場(須磨海浜水族園の西側)
駐車台数 377台
駐車料金 最初の1時間400円、以降1時間ごと200円加算。

第2駐車場は海に近いということもあり

混雑する傾向にあります。

止められる台数も少ないので、狙い目ではないでしょう。

確実に止めたい方は第1駐車場をおすすめします。

とはいってもこれらの駐車場は上限額がないので、

時間を気にしながら泳ぐことになってしまいます。

そんなストレスは嫌ですよね。

穴場の駐車場というのが実はあるのです。

おすすめの穴場駐車場は以下の通りです。

須磨ヨットハーバー駐車場


駐車台数 210台
駐車料金 1日600円

上限額が決まっている駐車場です。

こちらに止めておくと時間を気にせず

海で遊ぶことが出来ます。

何年も須磨海水浴場に通っている人は

このヨットハーバー駐車場の利用者は多いでしょう。

そのほかの穴場としては、

ちょっと距離があるのですが、

JR須磨海浜公園駅の周辺のパーキングです。


こちらも上限額の設定があるので最終手段としては

おすすめの穴場駐車場です。

手間を取るかどうかというところですね。

海開きが待ち遠しいですが、

須磨海水浴場で遊ぶ際は、

穴場の駐車場をぜひ利用してお得に過ごしましょう!

Sponsored Link