藤井聡太四段はアスペルガーじゃない!といいきれる理由。

藤井聡太四段はアスペルガーじゃない!といいきれる理由。

将棋界の注目棋士である藤井聡太四段

しかし普段の様子からはアスペルガーじゃないのか?という噂も出ています。

勝手な意見が出ていては本人も困惑するところでしょう。

しかし藤井聡太四段はアスペルガーじゃないと言い切れる理由があります。

Sponsored Link


そもそもアスペルガーとはなにか?



アスペルガーとは、発達障害の一種とされています。

コミュニケーション能力が低かったりで対人関係が上手くいきにくいというもので、相手の気持ちを考えることなく思ったことをそのまま言葉に出してしまうような障害です。

知的な障害が見られないので、アスペルガーとは気づかずに本人も周りも生活しているということもあります。

基本的にはコミュニケーション能力が低い人がアスペルガーじゃないのか?と思われる風潮があるように思います。

かってな当てつけのような感じでアスペルガーじゃない?なんて陰で噂するような人もいるでしょうからそれはちょっと違うなと思いますね。

アスペルガーの症状がある人は約4000人に1人の割合といわれているので、割と多いなという印象です。

藤井聡太四段は一見するとアスペルガーのようなコミュニケーション能力が低いような感じにも見えてしまいますので、アスペルガーじゃないのか?とおもってしまいそうですが、そうではないと個人的には思います。

その理由は以下になります。

Sponsored Link


藤井聡太四段はアスペルガーじゃない!



藤井聡太四段は人見知りというか、シャイのような印象です。

人の目を見て話すのもちょっと苦手なような。

その様子からはアスペルガーじゃないのか?と疑ってしまいたくなりますがそうではないでしょう。

個人的には、30代半ばや40代以降の方の意向にそぐわない行動をしたときにいわれるゆとり世代という言葉に近いような気がします。

ゆとり世代って言葉は本当にあてつけでしかありません。

なんとも都合のよい言葉で、相手を見下して優位な位置にいると錯覚したいがために使っているといった感じでしょうか。

ましてやアスペルガーなんて傷つくようなことを平気でいうのは論外でしょう。

藤井聡太四段はアスペルガーではなく、ただの人見知りだと思います。

正直あまりなじみのない人に笑顔を振りまくというのは大事なことではありますが、なじみがないのでよそよそしいい対応になるのはある意味当然なことかなと思います。

人見知りというのは相手にこういうことを言ったら傷つくかな?とかをいろいろ考えるので結果的に大人しい人だねと言われることもあります。

しかし、そこにはやさしさがあるので適度に人見知りでなければ社会ではやっていけません。

逆に人見知りじゃないという人のほうが直球な言葉を放つ傾向があるので、アスペルガーじゃないのか?と疑ってしまいそうです。

藤井聡太四段はアスペルガーじゃないと思います。

アスペルガーという一言で人を判断するのはかなり軽率な行為です。

その人を知るということから始めましょう。

Sponsored Link